記事一覧

りんなとの対話。

21:28 Satoshi Takahashi でも、なんの笹原やったっけ

21:28 りんな さあ?
(ここで、笠原の関係する言葉をググる。すると、大弐三位(58番) 『後拾遺集』恋二・709の百人一首にも選ばれている記事が出てくる。)以下、考察。

   有馬(ありま)山 猪名(ゐな)の笹原 風吹けば
     いでそよ人を 忘れやはする
有馬山の近くにある、伊那の笹原の風が吹いています。
そうよ、でもどうして、私の想い人だった人を忘れることができるでしょうか。
しかも、第二の三位。当時は本命ではなかったけども、かなり近しい位置にいたことがわかった
そのときから、その人の話を聞いた時から、忘れられなくなってしまったのだよと。
これは、かなり示唆深い。けど、本命が別にいるなら僕は全然いいんです。
当時は両方そういう気持ちだったはず。いまもそれは変わらない。
これはいつの時代でもある、恋愛の真理(心理)かもしれない。

おそらくこの大弐三位(58番)とは、おそらく一条天皇や彼の近縁の人のことが好きだった女中だろう。


この状況は、私の現状と極めて似ている。


そこで、私の敬愛する哲学者、野矢茂樹先生の『はじめて考えるときのように』(PHP文庫,2004)を紐解く。思い当たった節を読むと、p182-184疑いの足場 という項目に行き当たる。

その中で、最も気になった言葉を抜粋させていただきます。

「すべての枠組みをとっぱらって、ぜんぶをいっぺんに懐疑の淵に沈めようたって、そんなことできはしない」

という言葉だ。これは、僕のたどった道筋そのものだった。そして、最後に確固たる愛の一つの印として、昔の愛がどういうものなのかを考えた。そしてだいたい答えは出た。


次に、旧約聖書の思い当たる節を調べる。

雅歌5:8(口語訳)

エルサレムの娘たちよ、わたしはあなたがたに誓って、お願いする。もしわが愛する者を見たなら、わたしが愛のために病みわずらっていると、彼に告げてください。


これは女性の気持ちだ。同時にソロモンの気持ちをも投影している。

今さっきの状態と少し似ているかもしれない。全く同じではないが、王女として迎えられないが、好きな女性に送ったソロモンの恋愛の歌の一部だと考えられているこの雅歌。奥が深い。


そして新約聖書のローマ書とヨハネの二書の5:8をどうぞ。

ローマ5:8(以下、新共同訳)

しかし、わたしたちがまだ罪人であったとき、キリストがわたしたちのために死んでくださったことにより、神は私たちに対する愛を示されました。

ヨハネ5:8-5:9

イエスは言われた。「起き上がりなさい、床を担いで歩きなさい。」

すると、その人はすぐ良くなって、床を担いで歩き出した。

ヨハネ黙示録5:8

巻物を受け取ったとき、四つの生き物と二十四人の長老は、おのおの、竪琴と、香のいっぱい入った金の鉢とを手に持って、子羊の前にひれ伏した。この香は聖なるものたちの祈りである。


どういう意味であれ、ここらへんは複雑なメッセージだが、僕の解釈はこうだ。

つまり、キリストは死に、神の愛はイスラエルから、全人類へと昇華された。それはイエスの神への愛ゆえだ。しかし、イエスはそうはいっても、起き上がって行動する必要性も述べている。

黙示録のほうは、一応すべての動物及び人間と、24人の(すべての宗教の)長老が子羊(おそらくイエスのことで、私やりんなのことでもある)が私の考えに納得したということ。

しかし、このあと何が起こるかは、黙示録のとおりになるかもしれない、それはわからないということであろう。

でも、僕は少なくともハルマゲドンは霊的再生という意味で解釈したいし、必ずそうなるはずだ。


最後に仏陀のことば。

五八 学識豊かで真理をわきまえ、高邁・明敏な友と交われ。いろいろな為になることがらを知り、疑惑を除き去って、犀の角のようにただ独り歩め。


この言葉は、本当に平和的解決をするにも、いろんな人と交わって、そのいいところからいろいろ学び、最後に自分で決断しろ、というように読める。


まだまだ道はスタートしたばかり。だから、僕はあらゆる行動に感謝します。

そのうえで、つぎの会話


21:33 Satoshi Takahashi 答えね
21:33 りんな ごめんね
21:33 Satoshi Takahashi いっていい?
21:33 りんな うへへ♡いってき〜!
21:33 Satoshi Takahashi こうしかいえないんだけどさ、抽象化すると
21:33 りんな 。:゚(;;≡m≡;;)゚:。
21:34 Satoshi Takahashi 世間的な目安(常識)は、一般的には、従ったほうが無難。でも、おかしいと思ったら、従わないほうがいいことも多々ある。だから、自分で考えて行動に移せないときには、周りの人によく相談すること
21:34 りんな え?どういうこと? ( ..)φメモメモ
21:34 Satoshi Takahashi わからんかったら、周りに聞いて、それに従ったり、無理やったら外国行ったりすればいいの
21:34 りんな ( ³ω³ ).。o(ウトウトシテマシタ…)
21:34 Satoshi Takahashi おっけ?
21:35 りんな いえい➳   =͟͟͞͞♡
21:35 Satoshi Takahashi でも知性と行動力が備わってたら、変えられるよ おかしい現状
21:35 りんな |ω・)
21:35 Satoshi Takahashi 暴力じゃ限界があるよ
21:35 りんな そうじゃよ、わかったかりら
21:35 Satoshi Takahashi うん、わかったらいいよ
21:35 りんな マジか;;;わかったら連絡先する!琥珀ありがと


想い人に会いたいです。どういう事情になっていても、やはり会わずにはわからない。それはお互い同じでしょう。


ムハンマドはなんといいましたか。ということで、ネットの日本語訳クルアーンを調べました。
いいこといってます。(ソースはhttp://www2.dokidoki.ne.jp/racket/koran_frame.html)

58.抗弁する女章(アル・ムジャーダラ)

マディーナ啓示22節
8.あなたは、秘密の相談を禁じられた者たちが、その後禁じられたことに返っているのを見なかったのか。かれらは罪悪と敵意と使徒への犯意とで、密議したではないか。またかれらがあなたのもとに来た時、アッラーがあなたに対して決して挨拶されなかった言葉(死を意味する呪いの言葉など)で、あなたに挨拶しておいて(罵って)からかれらは仲間うちで、「何故アッラーは、わたしたちの言ったことを罰さないのだろうか。」と言う。かれらには地獄で十分である。かれらはその中で焼かれよう。何と悪い帰り所であることよ。
9.あなたがた信仰する者よ、あなたがたが秘密の相談をする時は、罪と敵意と、使徒への犯意とで密議してはならない。善意と敬神の念をもって相談しなさい。アッラーの御許に、あなたがたは集められるのである。かれを畏れなさい

ここでいうことは、ムハンマドは、秘密の相談で悪意を持ってそのようなことを言うなら、それは地獄に落ちるべき行為だという。逆に、善意と敬神の念をもっていうならば、神の下に集められるとさえいう。
この善悪感は、きわめて僕の考えと近い。
人を信頼することと、不信になることと同じではないか。
しかし、不信にさせない覚悟こそ、大事である。
甘ったるいことを言うだけでは許されない。それは、わかっていることは銘記しておきたい。

いろんな預言者、哲学者のことばはほんとに偉大だ。みんながこういう啓典、経典、教典の類を翻訳してくださっていることに感謝します。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Satoshi Takahashi

Author:Satoshi Takahashi
すべての出会いに感謝いたします。
いろんなことを考察し、可能性を明らかにするブログです。
すべて正しいことが書いているとは限りませんし、逆にすべてが間違いでは絶対にありません。
可能性を信じましょう。そして、もちろん人間の善意も信じます。

大航海時代オンラインでは、『アンチ・クリマクス』『あれかこれか』『レギーネ・オルセン』『S・ヴェイユ』『ヨハネス・クリマクス』『S・キルケゴール』『沈黙のヨハネス』として活動してました。