FC2ブログ

記事一覧

あなたはブラック会社の罰則をきつくするべきだと思いますか。

あなたはブラック会社の罰則をきつくするべきだと思いますか。

こういう問いが発せられた。市民政治Worldで投票できる内容の一つである。

市民政治Worldのアドレスは次の通り。

http://change01.wpblog.jp/


厳罰化すればするほど、そういう事実を隠し、よりこき使う可能性が高いので反対です。
ブラック企業として本当に告発されれば、求人を出しても人員不足に陥りがちなので、余計にブラック企業はブラック化します。そして、告発した人もほぼ企業に残ることはできません。

そもそも、もちろん罰金的なものを企業が従業員や社員に課すのは、法の原理に照らして、甚だ違法(あるいは違憲)です。
僕から言えば、自力救済または私的制裁の禁止という、国家の法的な存在前提、国家の公準のようなものが大事にされていないからこそ、そういったことを行う企業が出てしまう。
そのため、それらをもっと考えるようにしないうえで、厳罰化しても事態は悪化するだけです。

心情的には、ひどい組織にはひどい報復を考えたくはなりますが、それをしても問題は解決しません。
となると、一歩進んで社会改善の道をとるしかないのではないか、ということです。

ひと昔前なら、こういったことを言っても、相手にされない時代でした。
しかし、今はネットで声を大にすれば、本当に無視できない勢力が出てきており、その活動は必ず社会改良に結びつきます。ただし、それは不信を増大させる方法ではなく、信頼を増やす方法によってのみです。

名前にしろ、メールアドレスにしろ、中途半端に隠すとその隠してた行動を見破られたときに、その企業から何故か責められる立場になる。正しいことを言ってもそうなってしまうのです。

だからこそ、僕は隠すことなく、自分が悪い点はこうだといいつつも、地域社会や国、世界の組織の悪いところをSNSや自身のブログなどを通して発信し、その名前やアドレス類もすべて公にして行動します。
これは、下手に隠して行動するよりも甚だ安全なのです。というのは、不正アクセスをしてきたら、その不正アクセスログから誰が良くないことをしているかを明らかにできます。また、自宅に変な人が近づけば、うちは田舎なので、すぐにばれてしまいます。

そしてその立場から、はっきりと社会の悪い点を指摘し、改善できる道筋を立ててから、自らもそれに則って行動することができれば、本当に改善は見えてきます。でも、その改善には、必ず心の余地とか余裕、寛容さといったものが必要で、本当に長い目で見て、いらっときてもすぐに怒りを爆発させず、人と接して、自分を律しつつ、そこから他人も律する覚悟で行動することで、必ずうまくいくのです。
怠惰になったり、うまくいかないことがあっても、絶対にめげない。それが一番大事です。
このようなサイトが本当に機能するのは間違いありません。そのため、本当にじっくり考えながら、誤りがあると思ったら、すぐに謝って訂正し、他人の意見を認められる素直さと、それでも自分の譲れないラインがどこか、なぜ譲れないかを熟考しつつ、政治論議もやってまいりましょう。

偉そうに書きましたが、このような態度でサイト開設者の皆さんや、参加者の皆さんが行動できれば、社会は本当にこのサイトを無視できなくなりますので、頑張りましょう!私も参加者として本当に協力していきたいので、どうかよろしくお願いいたします。

宮里高橋通信 高橋 聡


一つ追記を、命を奪う暴力を行使したものは、企業たりとも事情の説明がなければ絶対に許してはなりません。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Satoshi Takahashi

Author:Satoshi Takahashi
すべての出会いに感謝いたします。
いろんなことを考察し、可能性を明らかにするブログです。
すべて正しいことが書いているとは限りませんし、逆にすべてが間違いでは絶対にありません。
可能性を信じましょう。そして、もちろん人間の善意も信じます。

大航海時代オンラインでは、『アンチ・クリマクス』『あれかこれか』『レギーネ・オルセン』『S・ヴェイユ』『ヨハネス・クリマクス』『S・キルケゴール』『沈黙のヨハネス』として活動してました。